トップ > 採用情報 > 先輩紹介

採用情報Recruit

先輩紹介,FF事業部スーパーバイザー清田忠彦

清田忠彦

現在の仕事内容を教えてください。

担当しているのは、レストラン事業部のFF(ファストフド)事業部のディレクター兼スーパーバイザーです。
当社にはいわゆる高単価なダイニング系レストランと、客単価は低いですがたくさんのお客様をスピーディーに回転させるFF系の飲食施設、2つのスタイルがあります。
そのFF事業部約15店舗のお店の管理をしているのですから、カラダがいくつあっても足りないくらいです。
具体的には1店ごとに「採算面」「人事面」「組織面」「販促面」…、あらゆる面でお店をフォローしていく役割です。
売上が悪い時はお店のスタッフといっしょになってチラシを配ったり、ウェイターにもなりますし、厨房で鍋だってふりますよ。
この仕事を長く続けていると、自然となんでもできちゃう人になる、私以外のスーパーバイザーもほとんどそうですね。
でも、そうして店舗ひとつひとつを「自分の店だ」と思って接していかないと、いい店、流行る店はできないと思います。

ヤリガイは?

入社間もないうちから、経営者仕事ができるという点が一番のやりがいです。
私の場合、味の素スタジアムの売店の運営を、オープン時からずっと担当してきました。
入社してそこそこの、飲食店や経営のことなんてほとんど知識のない私でしたが、新しいことに向ってパワフルに立ち向かう、その姿勢にすべてを任せてもらえました。
ほとんど休みなく働いても、ひとつの仕事をやり遂げた時の達成感や、多くの刺激、それが自分の成長と自信につながっていると思っています。

仕事の目標は?

色々なことを少しずつ学びながら、この頃やっと経営者側の感覚というのが身についてきたような気がします。過去のデータや数字が次に何をなすべきかを明解に示唆してくれること、世の中の流れがどうながれているのかということ、攻め時・引き時…。
冷静に経営者の目で事業を見据えて、今までがむしゃらに走ってきたことで見忘れていたことを、もう一度見直していく時期だと考えています。

学生さんへひとこと

私は学生の頃からさまざまなアルバイトをしてきました。その結果、現在の飲食業界に飛び込んだわけですが、実際にいろいろな経験をするということは、就職してからの人間関係や社会常識等を学ぶ上でとてもいいことだと思います。頭の中で考えるだけ、理想を追っかけるだけじゃ、やりがいのある仕事とは巡り逢わない。
まずは行動すべし!自然と将来自分がどうなりたいのかが見えてくるはずです。